Eurasiasports NEWS online  

2017/9/28 イオンカップ2017 世界新体操クラブ選手権 開幕!

170928-1.jpg喜田純鈴のリボンの演技(写真・森 美和)
 新体操のクラブチーム世界一を競う「イオンカップ世界新体操クラブ選手権」が28日、東京体育館で開幕した。予選ラウンドには喜田純鈴(エンジェルRGカガワ日中丸亀)が出場し、「世界選手権でミスが出たところの修正と表現力、動きの大きさを出すように練習してきました。調子は悪くない」と話したが、フープ演技の最後で、フープがうまく足にかからないミスが出て、「少しの我慢と落ち着きが足りなかった。今日のミスは引きずらずに明日は切り替えたい。皆の声援を力にできたらいいなと思います」と話した。

 イオンカップは10月1日まで4日間行われ、28、29日に予選、30日、10月1日に決勝が行われる。クラブチーム世界一を決めるとともに、ジュニアとシニアの個人総合も行われ、今年の世界選手権で優勝したロシアのディナ・アベリナや皆川夏穂(イオン)も決勝から出場する。

LinkIcon予選ラウンド2日目